• 吉岡 聡大
    吉岡 聡大
    SALES STAFF INTERVIEW 03
    「吉岡さんに一番に相談しました」。
    その期待に応えるために、
    チームAGCを牽引。
    事務系社員インタビュー#03
    Sodai Yoshioka
  • 営業
    吉岡 聡大
  • 龙8国际娱乐官方老虎机カンパニー ディスプレイ事業本部
    営業統括部 国内営業部 第1グループ(取材当時)
  • 2014年入社
    文系
  • 仕事内容

    テレビやスマートフォンに使われる液晶用ガラスを液晶パネルメーカーに採用いただき、目標販売数量・シェアを達成することが、営業である私のミッションです。担当エリアは国内で、複数のお客さまの法人営業窓口として、日本中にあるお客さまのオフィス・工場・研究所を回る日々を送っています。液晶業界は、極めてスピード感が速いため、お客さまに選ばれ続けるパートナーであり続けるには「龙8国际娱乐官方老虎机収集⇒販売戦略立案⇒実行」のサイクルを日々繰り返さなくてはなりません。また、お客さまから寄せられる品質・納期・価格などの要望にお応えするため、社内の製造・生産管理・品質保証・物流・技術・法務など各部門を取りまとめ、AGCのパフォーマンスを最大化する旗振り役も私の役目です。もちろんお客さまからの要望を待つだけでなく、こちらからお客さまの課題を推定してアプローチし、新製品や技術の提案も積極的に行っています。

    仕事のやりがい

    やりがいは大きく3つあります。一番のやりがいはお客さまから「指名されること」です。それまで競合他社や私の上司によく相談をされていたお客さまから「吉岡さんに一番に相談しました」とおっしゃっていただけた瞬間は、心の中でガッツポーズでした。お客さまが営業である私に望んでいるのは、窓口として「AGCを動かすこと」ですから、さまざまな関係者を巻き込み、旗振り役を務められるよう、努力しています。その次が、考え抜いた戦略が実を結び、目標を達成できた瞬間です。販売目標達成・新製品拡販などさまざまな目標がありますが、一筋縄ではいかない課題ばかりだからこそ、達成した時の感動もひとしおです。そして最後が、頻繁にメディアで取り上げられる注目度の高い業界で、日々アンテナを高くして仕事ができていることです。常にモチベーションを高く持っていられるのは、この業界ならではの特徴でしょう。

    吉岡 聡大

    入社動機、今後の目標

    就職活動を始めた当初、漠然と「営業をやりたい」という思いはありました。しかし具体的な業種は決めかねており、銀行や保険会社など、普段の生活で聞き覚えのある会社を中心に訪問していました。その中ではっきりしてきたのが、「幅広いフィールドで日々挑戦しているビジネスパーソンになりたい」ということ。そして「グローバル高シェアを誇る製品群が多数あり、幅広い視野が当たり前に求められる」「少数精鋭で、若手にも自立・責任が必然的に求められる」AGCという会社を知ったのです。フラットで自由闊達な社風も入社の決め手になりました。将来は、あらゆる業界に精通する知識を持った営業になりたいと考えています。先輩や上司の仕事を見ていても、幅広い知識・関心を持っている営業に対して「一番に声がかかる」と実感しているからです。また、グローバル企業のAGCに入社したからには、海外赴任も経験し、さまざまな価値観に触れて、人間としても成長していきたいと思います。将来的には新事業の創出や運営にも携わりたいですね。

    AGCのオススメポイント

    若手に与えられるチャンスが本当に大きいことです。例えば私は、入社1年で工場全体の生産計画の責任者を任せてもらいましたし、営業に配属後もすぐに一人でお客さまを担当させてもらいました。フォロー体制をしっかり整えながら、「新卒を早く戦力にする」文化が会社全体に根づいていて、日々の成長を実感できる環境です。また、社内の風通しのよさも魅力です。「若手の意見だからダメ」ということはなく、正しいことを論理的に説明すれば年齢に関係なく受け入れてくれる会社だと感じています。逆に言えば、若手でもしっかりと自分の意見を持つことが求められる環境です。