(1)自動車のガラス

安全も、快適さも 共に追求 様々な機能を持つ AGCの自動車用ガラス

安全で快適なドライブ実現のため、AGCは様々な機能を持つガラスを提供しています。

ギモン その1

自動車にガラスが使われるようになったのは何故なの? 自動車にガラスが使われるようになったのは何故なの?

ガソリン自動車が初めて誕生したのは、今から約130年前のドイツ。
当時の自動車は窓もガラスもないオープンボディでした。

自動車の性能向上に伴いスピードが上がるに連れ、運転席に風除けのガラスが取り付けられるようになったのです。

今でも欧米では運転席前のガラスを「フロントガラス」とは呼ばず、"ウィンドシールド"(風除け)と呼んでいるのは、そんな経緯があるからです。

日本では「フロントガラス」欧米では「ウィンドシールドスクリーン」(風除け)

ギモン その2

自動車にはどんなガラスが使われているの? 自動車にはどんなガラスが使われているの?

自動車のガラスは乗る人の「安全」を守るという重要な役割を担っています。

例えば、運転席前の割れても大きな破片が飛び散りにくいガラスであるフロントガラスには、外の視界がゆがみなくクリアに見えることはもちろんのこと、以下のような機能が求められます。

  • 割れても破片が飛び散りにくい
  • 衝撃物が貫通しにくい
  • これを満たすのがAGCの合わせガラス「ラミセーフ®」

    2枚のガラスの間に中間膜と呼ばれる特殊フィルムを挟むことで、割れても破片が飛び散りにくく、飛び石や接触事故など前方からの衝撃物に対しても貫通しにくいのです。

    ギモン その3

    自動車のガラスに求められる機能は「安全」だけなの? 自動車のガラスに求められる機能は「安全」だけなの?

    「安全」に運転・走行するためには、「快適さ」も必要であると考えます。
    AGCは「快適さ」もサポートする機能を持ったガラスを開発しています。

    例えば…

  • 運転中の日焼けやジリジリする暑さを防ぐUV&IRカットガラス 「UVベールPremium Cool on™」
  • 雨の日の視界を向上させるドア撥水ガラス「ウェルビュー®」
  • 濃い色をつけて車内を見づらくするプライバシーガラス「マイベール™」
  • ギモン その4

    AGCのガラスはどれだけ使われているの? AGCのガラスはどれだけ使われているの?

    世界の新車のうち4台に1台はAGCのガラスが使われています。

    日本をはじめ、アジア、ヨーロッパ、北米、南米でガラスを製造し、世界中の自動車メーカーの車に使われています。

    自動車のガラスの右下には、ガラスの製造メーカーが分かるマークがあります。

    皆さんの自動車のガラスもAGC製かもしれません。
    ぜひチェックしてみてください!

    コンテンツ一覧

    関連製品をもっと見る

  • ラミセーフ®

    割れても飛散しにくい合わせガラス

  • UVベールPremium Cool on™

    紫外線(UV)も暑さもカットするUV(99%)&IRカットガラス

  • ウェルビュー®

    雨の日でもすっきりとした視界を保つ

  • マイベール™

    プライバシーを確保し、断熱も効果あり

  • ページのトップへ