(8)食品とAGC

何と食品にも!AGCの製品が食べ物にも!?意外な関係をご紹介します

皆さんが毎日口にする食べ物にもAGCの製品が使われているって知っていましたか?
食べ物とAGCの意外な関係をご紹介します。

ギモン その1

どうしてガラスの会社の製品が食品と関係しているの? どうしてガラスの会社の製品が食品と関係しているの?

今からおよそ100年前。
ガラスの原料として使うソーダ灰を、自社で製造し供給する活動の開始が、AGC化学品事業の出発点です。
そのソーダ灰の製造活動から派生したさまざまな化学品が、食品の機能を高める成分を持っていたのです。

  • ※イメージ

  • ギモン その2

    どんな製品がどんな食品に使われているの? どんな製品がどんな食品に使われているの?

    1 ラーメン
    プロピレングリコールは保湿性能(乾燥しにくい性能)があり、ラーメンの麺・餃子の皮などに使用されています。
    炭酸カリウムはラーメンの弾力性(コシ)をもたらします。
    2 ビスケット、スナック菓子
    原料のベーキングパウダーに重曹が使われています。この重曹がサクサクした食感を生み出しています。
    3 食品の包装紙
    ドーナツやフライドポテトの包装材として、油の染み出しを防ぐ耐油紙に、耐油加工剤が使われています。

    コンテンツ一覧

    関連製品をもっと見る

  • プロピレングリコール

    保湿性能(乾燥しにくい性能)があり、ラーメンの麺・餃子の皮などに使用

  • 重炭酸ナトリウム(重曹)

    お菓子づくりなどに、ふくらまし粉の原料としても有名

  • アサヒガード E-シリーズ

    食品包装にも最適な、水や油をはじく撥水撥油剤

  • ページのトップへ